栄養素に注意したレシピ作り×優しくできないかも…

はじめての一歩は何から?

栄養管理は自己責任だから細かく面倒見る必要なし、という考え方も間違ってはいないと思います。ただ、食事は嗜好品と健康維持の2つの顔があり、特に食事療法は専門性が高いです。本人が習得できるまでの期間限定支援など、部分的に関わる方法もあります。