テーマ「患者および家族の自己決定権」

社会システムの中で「尊厳ある生」を 具体化するためには何が重要なのかを研究目的とした有志による研究会活動が淵源です。医師、歯科医師、薬剤師、法律家、看護師、理学療法士、ケアマネージャー、研究者、 患者、家族が集い、

  1. 在宅医療における情報共有の在り方
  2. 患者家族視点で個人情報の利活用を考える
  3. 意思決定支援ツールの設計

の3点について意見交換を行ってきました。

科学によって「死」の尊厳性を調査することは不可能です。 調査し定義できるのは「死」の直前の「生」までです。 私たちは皆「生」の体験者です。楽しい、悲しい、苦しい、嬉しい… 誰にでも探求できるのが「尊厳ある生」ではないでしょうか。

2013
9 D-M.F.P.患者家族対話推進協会設立
第1回患者家族視点で個人情報の利活用を考える研究会(鈴木正朝氏を中心に)
10 第1回在宅医療における情報共有の在り方研究会
11 第2回患者家族視点で個人情報の利活用を考える研究会(宮崎詩子氏を中心に)

第8回医療の質安全学会(口演、ポスター発表)

12  公開シンポジウム「D-M.F.P.が提案する患者と家族と医療者の新しい関係づくり」

第2回在宅医療における情報共有の在り方研究会

2014
2  D-M.F.P.認定ダイアログプランナー養成講座第1期生開講
4  ダイアローグ・カフェ開催/(株)メディパス共催
4  第5回D-M.F.P.研究会(研究会を統合)以降定期開催
12 法人登記 名称を一般社団法人ダイアローグ・メソッド・アソシエーション、 略称をD-Methods、D-M.F.P.研究会をD-Methods研究会に変更
2015
2 クラウドファンディングで424,000円の資金調達
(Ready for? カバーリングファッションで介護のネガティブイメージを変えたい )
7 第1回D-Methodsセミナー「ケアの中のキュア 患者家族の自己決定を支える」開催
なお第2部は (在宅医療助成勇美記念財団から50万円の助成を受け実施 報告書)
2016 第2回D-Methodsセミナー開催
(在宅医療助成勇美記念財団から54万円の助成決定)

 

主なメンバー(順不同)

鈴木正朝氏 新潟大学法学部教授(情報法)

政府のパーソナルデータに関する検討会委員、経済産業省の個人情報保護法  ガイドライン委員会委員等。

三幣利克氏 医療法人社団コンパス理事長

東京、神奈川、埼玉、名古屋、大阪エリアで「高齢者の食べるための口腔機  能維持回復」在宅歯科診療を展開。

佐々木淳氏 医療法人社団悠翔会理事長

東京を中心に(千葉・埼玉・神奈川エリア含む)24時間365日対応型の在宅  総合医療ネットワークを展開。

岩堀禎廣氏 合同会社オクトエル代表 薬剤師・薬学博士